店舗・駐車場の待ち時間

現在地
  1. HOME
  2. 店舗情報
  3. 福岡・博多「一風堂1994」

福岡・博多「一風堂1994」

この店舗の待ち時間本日の営業は終了しました

出店期間:2024年2月9日(金)~ 5月12日(日)

ラー博でしか味わえない創業の味を創業者河原成美氏自らお客様に提供

"94年組"のコンセプトは1994年当時の味を再現するというもので、一風堂の代名詞である"白丸"、"赤丸"が誕生する前の原点の味を披露していただきます。一風堂は国内外に250店舗以上ありますが「一風堂1994」で提供するラーメンはラー博でしか味わえません。そしてここでしか食べられない稀代のラーメンを創業者河原成美氏自ら、お客様に提供します。
そして39年目に突入した一風堂では、39年をThank youととらえ、これまでの感謝と共に一風堂の歴史の中でエポックメイキングとなったメニューを歴史と共に振り返る"一風堂クロニクル"というテーマを付加し、約3ヶ月の期間の中で、今では食べることの出来ない様々なメニューが復活します。さらに期間中、これまで実現しなかったスペシャルコラボも開催予定と、凝縮した3ヶ月間から目が離せません!

① スープ

原点の味は、100%豚頭のみを使用したクリーミーな豚骨スープ。
前日から下処理の工程を経て12時間かけて丹念に炊き上げ、臭みがなく、すっきりと飲みやすく、深い味わいになるよう仕込んでいます。かえしには、豚骨のコクと旨みを最大限に引き立てるように、九州産の濃口醬油と薄口醬油を6種類厳選してブレンドし、伝統の博多らしい味わいを創ります。

② 麺

麺に使用する小麦粉は、福岡県産の小麦「ミナミノカオリ」を100%使用。昔懐かしい印象と、歯切れの良さに軽い食感とのどごしを表現した、小麦の香りを豊かに感じる特製の低加水細麺(番手:26番)です。

③具材

チャーシューは、豚肩ロースの表面を焼き、九州産の醤油でじっくり煮込んだ、伝統の焼豚チャーシュー。醤油で味付けした木耳の食感、風味豊かな青ネギが豚骨スープをより引き立てます。

細ストレートとんこつ

主なメニュー

原点のラーメン
950円
ミニ 原点のラーメン
680円
煮玉子入り原点のラーメン
1,100円
ミニ 煮玉子入り原点のラーメン
830円
チャーシューメン
1,250円
スペシャルラーメン
1,300円
替え玉
150円
明太ご飯
400円
明太子&高菜
300円
ビール
500円

※メニューは一例です。
※メニューおよび価格等は予告なく変更になる場合があります。
※品切れの際はご了承ください。

この店舗のお知らせ

お知らせはありません。

本店紹介

一風堂 大名本店
住所:福岡県 福岡市 中央区 大名1-13-14

URL:https://www.ippudo.com/

店主紹介

一風堂の創業は1985年10月16日、創業者の河原成美(かわはらしげみ)氏により福岡市大名に誕生。
一風堂が誕生する前、河原氏は博多駅の近くにバー「AFTER THE RAIN」を1979年に開業。店は大繁盛していた中、河原氏は「33歳までにもう1店出店し、35歳までに天職を見つける」という目標を定めていました。「繁盛しているから2号店を出せばいいじゃないか」という意見が大半でしたが、河原氏は、「汚い・臭い・怖いというイメージを覆し、女性が1人でも気軽に入れるスタイリッシュなラーメン店を作り、福岡中の女性が集まるようなお店にしよう!」と、約1年間の修業を経て目標としていた33歳の1985年10月16日、「一風堂」を創業。店名の由来は「ラーメン界に一陣の風を吹かせたい!」という想いと、当時好きだったバンドの「一風堂」から名づけたとのことです。
お店は10坪程度の広さで、女性客が気軽に入れるという今までにないおしゃれなお店だったこともあり、口コミで徐々にお客さんは増え、1年後には1日200人のお客さんが訪れる繁盛店となりました。