現在地
  1. HOME
  2. 最新情報
  3. 【ニュースリリース】明治43年創業。日本初のラーメンブームを起こした「淺草 來々軒」を、末裔の協力により復活。この秋、ラーメン博物館に復活OPEN!!

【ニュースリリース】明治43年創業。日本初のラーメンブームを起こした「淺草 來々軒」を、末裔の協力により復活。この秋、ラーメン博物館に復活OPEN!!

2020.08.07

rairaiken_news1.png

新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区、代表取締役:岩岡 洋志)は、日本の食文化としてのラーメンを後世に伝えていきたいという想いから、施設名を"新横浜ラーメン博物館"とし、館内に博物館機能を持たせ、1994年の開館より今日まで、ラーメンの歴史の調査・発表を続けてきました。
「淺草 來々軒」(明治43年創業、昭和51年閉店)は、日本で初めてラーメンを広めた原点であり、ラーメン史を語る上で欠かせないお店です。当館ではこれまで、來々軒三代目 故・尾崎一郎氏の取材をはじめ、30年間に渡る調査を進めてきましたが、この度、当時使われていた小麦粉や調理方法などを解明し、発表のみならず來々軒のラーメンを味わえる企画として、來々軒の創業者・尾崎貫一氏の孫である高橋邦夫氏(87)、玄孫である高橋雄作氏(32)の協力も得て、今秋、新横浜ラーメン博物館に復活する運びとなりました。詳しくは下記をご参照ください。


【來々軒とは】

來々軒の創業者・尾崎貫一氏は明治43年、横浜の南京町から中国人コック12人を引き連れて浅草の新畑町3番地に來々軒をオープン。正月などの繁忙期は1日2,500人~3,000人の来客がありました。來々軒がオープンした当時、ラーメン店という業態は存在しませんでした。ラーメン店の誕生背景には、來々軒が「支那そば」、「ワンタン」、「シウマイ」という大衆的なメニューを安価に販売するという新たな業態を繁盛させ、広めたことがスタートとなります。
來々軒にまつわる文献は数多く存在します。「一日何千人かの客を迎へて居る、実に浅草名物」(読売新聞)、「支那そばで売込んだ古い店」(大東京うまいもの食べある記)、「來々軒と言へば、其の名と所在を知ってゐると言ふ全く畸型的な程、其の存在は有名であった」(浅草経済学)。これらの文献から、來々軒がいかに有名で繁盛していたかが伺えます。

★來々軒の沿革
明治43年(1910年) 浅草新畑町にオープン
昭和19年(1944年) 第二次世界大戦により一時閉店
昭和29年(1954年) 八重洲に「來々軒」を再開
昭和40年(1965年) 立ち退きにより、内神田に移転
昭和51年(1976年) 後継ぎがなく閉店

rairaiken_news2.png


【來々軒はラーメン店の代名詞】


來々軒の繁盛により、すぐに來々軒と同じスタイルのお店が続々と誕生します。当時浅草は、歓楽街で全国から人が訪れる場所であったため、そのスタイルは首都圏のみならず全国に広がっていきます。また、來々軒は「支那そばで売り込んだ店」と書かれているように、ラーメンが一番人気であったため、同じ業態の広がりだけでなく、食堂や蕎麦店、洋食店、カフェなどの様々な他業態でもラーメンをメニューとして取り入れるようになりました。こうして來々軒を起源とした「日本初のラーメンブーム」が起こりました。
來々軒という屋号は、その当時、中国料理の知名度が低く、敷居の高い食べ物だったため、そのイメージを変えるためにも当時人気だった西洋料理や洋食店が使っていた「軒」を採用し、「來々」はお客様が来る、福が来るという意味合いで、どことなく中国的な雰囲気があり、老若男女親しみやすいという事で「來々軒」と命名しました。その後、先に述べたように繁盛し有名になったため、そのスタイルを模倣したお店の多くは〇〇軒とつけるようになり、昭和5年発行の『素人に出来る屋台店/支那そばや』では暖簾の書き方の見本として「何々軒」と書かれており、この時点ですでに來々軒はラーメン店の代名詞となっていました。
また、來々軒の屋号は、太宰治『斜陽』、手塚治虫の『三つ目がとおる』など著名な作品のラーメン店の象徴として使われております。
そして現在、來々軒の屋号を使用している店舗は国内に171軒(2020年5月現在)、海外ではパリやニューヨークまで広がっています。


「淺草 來々軒」の末裔の協力による復活】

「淺草 來々軒」の復活にあたり協力を得たのは、創業者・尾崎貫一氏の三男である、高橋武雄氏(大正期に高橋家に婿養子)の長男、高橋邦夫氏、そして貫一氏の玄孫にあたる高橋雄作氏です。高橋武雄氏は、尾崎貫一氏の長男である、二代目・尾崎新一氏が36歳という若さで亡くなり(昭和2年)、亡くなった直後から戦前まで、來々軒を支えた人物です。
高橋邦夫氏は、戦前の來々軒のラーメンを食べており、父である武雄氏からも全盛期の來々軒の話をよく聞かされ、戦前の來々軒を知る唯一の末裔であります。このプロジェクトは、当館で調査した内容を発表のみならず味の再現もしたい旨を邦夫氏に伝えたところ「ここまで調べたのであれば、私としても是非協力したい」とご快諾いただき、スタートしました。
今回のプロジェクトは尾崎家より高橋邦夫氏が託された來々軒の歩みを後世に残したいという想いと、玄孫の雄作氏が、「祖父(邦夫氏)が元気なうちに來々軒を復活させたい」という想い、そしてラーメンの歴史を語る上では欠かせない來々軒の功績を伝えていきたいという新横浜ラーメン博物館の想いが相まって実現したものです。

rairaiken_news4.png


【「淺草 來々軒」復活に向けて】

「淺草 來々軒」の再現は、これまでの取材と調査に基づいて、明治43年の創業当時(110年前)をイメージしたものとなります。
今回の再現の中心となるのは「麺」と「具材」です。麺に使用する小麦は、明治まで遡り、当時の遺伝子を持つ後継品種を使用し青竹打ち製麺で再現。具材も当時使用していた食材を用い、当時の調理方法で再現します。スープに関しては時代と共に食材の品質や味の嗜好の変化があるため、当時使用していた醤油や食材の基本は変えずに、現代風に解釈した味わいに仕上げます。



※当サイトの写真画像は、「肖像権」「商標権」「著作権」「利用権」その他の諸権利を有しています。当サイトの写真の無断転載・複製・転用、販売などの二次利用を固く禁じます。
※当社は当サイトの写真を無断で使用したサイト等によって生じた利用者その他の第三者の損害につき、一切責任を負わないものとします。


カテゴリ

Category

過去記事

ARCHIVE