二代目げんこつ屋 イメージ

現在地
  1. HOME
  2. 店舗案内
  3. 二代目げんこつ屋

通販サイトへ

伝説のお店が二代目によって ラー博で復活

「げんこつ屋」が幕を閉じてから4年。他界した父・関川清氏(初代)の想いを引き継ぎ、息子・関川匤仁氏(二代目)の手によって、多くのお店に影響を与えた「伝説のお店」がラー博に復活しました。

おいしさの秘密

The Secret of Delicacy

① スープ

マグロ節をメインとした和風スープと豚骨、鶏ガラから抽出した白湯スープをブレンドしたスープは毎日食べても飽きのこない、絶妙なスープバランス。

② 麺

のどごしも良い多加水のストレート麺は、スープとのバランスを考えた特別な麺です。

③ 具材

チャーシュー、のり、煮玉子、メンマ、ネギとシンプルながらも、具材としてのバランスに優れています。

店主紹介

Chef's Introduction

げんこつ屋は私の父が1980年に開業したお店です。残念ながら2007年に閉店となりました。
今回は新横浜ラーメン博物館さんからのお話しをいただき、まだまだ父親の域には達していないですが「ようやく父親の志を伝えていく時期が来た」と思い、出店の決意をしました。
この3年間、父親が歩んだ創業の苦労を経験しつつ「父を超える味を」という思いで味に磨きをかけていました。

主なメニュー

Menu

げんこつら~めん(醤油)
850円
げんこつわんたんめん
950円
げんこつちゃ~しゅうめん
1,200円
ミニげんこつら~めん
570円
豪快ら~めん(塩)
1,100円
ミニ豪快ら~めん
800円
げんこつ屋特製 ジャンボ餃子
450円

※メニューは一例です。
※メニューおよび価格等は予告なく変更になる場合があります。
※品切れの際はご了承ください。

本店紹介

Head Raumen Shop

1980年4月、新高円寺にそれまでのラーメン店とは一線を画したコンセプトとクオリティを兼ね備えたラーメン店「げんこつ屋」はオープンしました。創業者関川清氏は料理としてのラーメンを目指し、地鶏やマグロ節など素材にこだわったラーメン、ラーメン店とは思えない内装・デザインにこだわった店舗を生み出しました。その後、2007年には事情により閉店、関川氏は体調を崩し他界。「げんこつで握りしめたものを次世代に伝えていきたい」という関川氏の志は途絶えてしまったのです。

この店舗のお知らせ

Raumen Shop Information

2017.03.14
毎月6日はラー博倶楽部の日!【4月6日】
2016.12.21
【新メニュー】香油ら~めん【12月22日(木)~】
2016.06.28
【新メニュー】ごまだれつけめん【6月29日発売】
2016.05.11
5月11日・臨時休業のお知らせ
2016.04.25
ラー博倶楽部会員限定「大盛り無料サービス」

その他のニュースはこちら